最近、ダイエットや美容に興味のある女性達から熱烈な支持を受けているレッドスムージー「ラクベリー」。

 

このラクベリーの食感って、他のスムージーよりも大分とろみが強いので、アレンジなんか出来ないんじゃないの?…と思われている人、私におまかせあれ!

 

当記事では、ラクベリーの効果的な飲み方についてはもちろんの事、世の中にほとんど出回っていないアッと驚くアレンジレシピまで、全部余す事無くご紹介していきます!

120日間全額返金保証を利用してみました!

解約方法と全額返金保証の方法と手順>>

ラクベリーの痩せる飲み方

これは基本ですが、ラクベリーは置き換えダイエット効果やファスティングダイエット(断食)のお供として使うのが、ベターかつベストな飲み方です。

 

まあ、それだけでも十分と言えば十分なのですが、どうせ飲むなら夜に飲むのが一番オススメ!

 

晩御飯は一般的に摂取カロリーが最も多いタイミングなので、カット出来るカロリー量も一番多くなりますからね。

 

さらに、睡眠時はF1で言えばピットイン。

 

童話に「靴屋の妖精」なんて物語がありますが、身体のメンテナンスも夜寝ている間に行われるので、その前に酵素やビタミン、ミネラルやポリフェノールなどの有効成分をしっかり捕っておく事で、ダイエットにも美容・健康にも、効果アップに期待出来るんですよ。

ラクベリーのおすすめの飲み方

ラクベリーの基本的な飲み方は、水100mlにラクベリー1包(5g)を溶かして飲むだけ。

 

ただ、それだと量が少なくて、置き換えダイエットではすぐにお腹が空いてしまうかもしれないので、その場合は2包分(200ml)を一気に作って飲んでもOKです。

 

…というのが、基本的な飲み方ですが、味に飽きてしまう事を避けるため、ラクベリーを溶かすものを別の飲み物や食べ物に変更してみましょう。

 

例えば、炭酸水だと爽やかさと満腹感がUPしますし、豆乳や牛乳で割ると味の角が取れてまろやかでさらに飲みやすくなります。

 

また、お好みのジュースで割ると味に変化が出るので、長く続けていこうと思っている方は、色々なジュースを試してみると面白いですよ。

 

さらに、ヨーグルト(飲むヨーグルトでも可)に加えても、ベリー味のヨーグルトになってめちゃウマ&腹持ちUPです。

 

…と、ここまではオススメではありますが、至って普通のアレンジレシピ…本番は次項よりご紹介していきます!

どこにも書かれていないアレンジレシピ

ここでご紹介するアレンジレシピは、私が確かめた限りでは、他のどこのサイトにも載っていないレシピです。

 

まあ、私が独自に編み出したレシピなので、当然と言えば当然なのですが…。

 

しかし、私の家庭は料理人一家…父親、母親、そして兄までもプロのコックさん(私はリタイアしてますが)。

 

料理人一家の名に賭けて、絶対に美味しいアレンジである事をお約束します!

ヘルシー!美味しい!ラクベリーのカルパッチョ

ラクベリーには少し酸味があるので、生の白身魚やタコ、貝類などに良く合います。

材料

・お好みの魚介類(スライス)…80g(目安)

・ラクベリー…1包

・ベビーリーフ(無ければレタスでも可)…お好みで

・玉ねぎスライス…半個分

・水…50ml

・塩…少々

・黒コショウ(粗挽き)…少々

・オリーブオイル…大さじ1(お好み)

作り方

①ラクベリーを水でとき、塩・コショウで味を整える。酸味がもう少し欲しい時はレモン汁を少し加えても良い。

 

②お好みの魚やイカ、タコなどを5~8mm幅程度にスライス(イカやタコは薄切りに、ホタテなどは切らなくてもOK)し、お皿に並べる。

 

③玉ねぎスライス(水に晒したもの)とベビーリーフを魚介の上に盛る。

 

④工程①で作ったソースを上から回しかけ、仕上げにオリーブオイルを加えて完成!

 

白身魚やイカ、タコなどはカロリーも少なくヘルシーなので、ダイエット中の一品にピッタリです。

夏場にひんやり♪ラクベリーゼリー

ゼリーはカロリーがほとんど無いので、ダイエット中のおやつにどうぞ。

材料

・水…200ml

・お湯…50ml

・ラクベリー…2包

・ゼラチン…5g

作り方

①ゼラチンをお湯でふやかしておく。

 

②ラクベリーと水を混ぜ合わせ、ふやけたゼラチンに少量ずつ混ぜ、ゼラチンがよく溶けたら全量を加える。

 

③お好みの容器に入れ、2~3時間冷蔵庫で冷やしたら完成!

 

ラクベリー自体がとろみが強いので、この量のゼラチンだと固くなり過ぎると思いきや、酵素のおかげであまり固まりません。

 

ゼリーよりはジュレって感じですかね。

 

トロっとした食感がツルンとした食感に変わるので、暑くて食欲が無い時にもオススメです。

ローストチキンのラクベリーサラダ

鶏ムネ肉は低カロリーで高たんぱくなので、トレーニング中のボディメイクのための食事にオススメです。

材料

・鶏ムネ肉…1枚

・レタス…半分

・トマト…1個

・きゅうり…1本

・ラクベリー…1包

・水…50ml

・レモン果汁…1/4個分

・塩…少々

・黒コショウ…少々

・オリーブオイル…50ml

・粒マスタード…お好み

作り方

①レタスは手で食べやすい大きさに千切って水にさらし、きゅうりはスライスして塩で揉んでおく。

 

トマトは薄めの櫛切り、または半月切りにしておく。

 

③鶏ムネ肉に塩・コショウをよく擦り込み、オーブンで10分~12分焼き、後は余熱で中まで火を通す。

 

鶏ムネ肉を焼かずに茹でてもOKですが、鶏ムネ肉は水から茹で、沸騰したら火を止め、そのまま蓋をして余熱で火を通す。

 

④鶏ムネ肉を待つ間に、ラクベリーと水を混ぜ、塩・コショウ、オリーブオイルで味を整え、レモン汁を加える。

 

⑤お皿に野菜とスライスした鶏ムネ肉のローストを並べ、④のドレッシングをかけて完成!

 

「鶏肉にベリー味?」…と不安に思うかもしれませんが、欧米ではベリーソースはローストチキンに付き物の定番メニュー。

 

今回は日本人用にアレンジしていますので、普通に美味しいですよ。

 

粒マスタードはお好みで後からつけて食べて下さい。

まとめ

ここまで3つのアレンジメニューをご紹介しましたが、ゼリーは水の代わりに牛乳や豆乳で作っても良いですし、カルパッチョはレモン汁を加えるとマリネに出来ます。

 

そんな感じで、ラクベリーは工夫次第です様々なアレンジが楽しめます。

 

普通に飲んでももちろん美味しいですが、たまにはこういったアレンジメニューに挑戦してみて下さいね!

 

ラクベリーの口コミはこちら>>